HOME > 耐震補強工事

耐震補強工事

耐震工法にも色々ありますが、今回の工事に採用したのは、ダイライト耐震壁「壁大将」という工法です。

割に施工が簡単で部分的に進めていけますので、お客様にもわずらわしさがないようです。
もちろん耐震補強工事の公的補助金の交付対象になる工事です。

この工法の特徴は、1、内部の壁を壊すだけで良い。2、床、天井はそのままで良い。3、工期的に短くてすむ。

割に施工が簡単で部分的に進めていけますので、お客様にもわずらわしさがないようです。
もちろん耐震補強工事の公的補助金の交付対象になる工事です。

既存の壁を解体(この現場は外壁の張り替えもあったので、外壁サイディングも撤去)が完了。 柱頭と柱脚部分に補強金物を取付け、耐震面材取付け用下地横桟取付けを完了した所。 耐震面材のダイライトを専用ビスで指定されたビスピッチにて取付け完了。クロス貼りであれば、この上に貼れます。

メールでのお問い合わせは24時間受付中