HOME > スタッフ日記 > 第92回 全国安全週間が始まります!

ブログ

< 新カーテン見本帳発表会 トレンドセミナー開催!  |  一覧へ戻る  |  川中島の「カフェ」完成しました! >

第92回 全国安全週間が始まります!

全国安全週間:2019年7月1日~7月7日

【本年度スローガン:新たな時代にPDCA みんなで築こう ゼロ災職場】 

◆労働災害による被災者数は、一日5.8人

 長野県内の平成30年における休業4日以上の死傷者数は、2120人で前年と比べ137人

 増加し、未だ1日あたり約5.8人が被災しています。

◆死亡者数は年間19人

 平成30年における死亡者数は、前年に比べ2人減少し19人となりました。

 内訳を見ると「交通事故」が6人で最も多く、次いで「墜落・転落」が4人、「崩壊・倒壊」

「はさまれ・巻き込まれ」がそれぞれ2人、「転倒」「おぼれ」「高・低温物接触」がそれぞれ

 1人となっています。

 一方、業種別では「その他の事業」が7人、次いで「製造業」「運輸業」がそれぞれ4人、

「建設業」が3人、「林業」が1人でした。

img844.jpg

img846.jpg

img847.jpg

img848.jpg

7月1日は、国民安全の日です。

安全について皆さんで考えましょう。

◆家庭内の不慮の事故死は1日40人!(全国)

 平成29年の不慮の事故死は40,329人ですが、このうち14,671人が家庭内での不慮の事故で

 亡くなっており、1日当たりにすると約40人になります。

 事故の発生態様をみますと「溺死」「窒息」「転倒・転落・墜落」「火災」の順になっています。

 (資料/人口動態調査)

img849-3.png

◆安全は家庭の平和から!

 家族みんなで話し合って、事故のない明るく平和な家庭を築きましょう!

img850.jpg

◆交通事故死は1日10人!(全国)

 全国で平成30年に亡くなった人は3,532人で、1日当たりにすると約10人になります。

 この内、長野県内は66人と、平成29年の79人と比べ減少しました。

◆交通事故死(労働災害)は1年6人(長野県)

 長野県で平成30年に交通労働災害で亡くなった人は6人で死亡災害全体の31.6%を占めています。

 お互いのゆとりを持って、思いやりと譲り合いの心で、交通事故を起こさないよう、事故にあわ

 ないよう注意しましょう!

                           by、茂正

 

 

< 新カーテン見本帳発表会 トレンドセミナー開催!  |  一覧へ戻る  |  川中島の「カフェ」完成しました! >

メールでのお問い合わせは24時間受付中