HOME > 通気断熱WB工法

家造りへの想い

木を活かす

日本を代表する木造建築は、一年を通して高い湿度、世界有数の降雨量、夏と冬の著しい温度差という建築物にとって極めて厳しい風土の中、木の呼吸(湿度が高くなると湿気を吸収。反対に乾燥してくると水分を放出)を利用した質の高い技術を育んできました。この技術には、現代住宅のめざす健康・省エネ・高耐久の知恵やヒントが溢れています。『通気断熱WB工法』は日本の伝統の木造建築と最新技術を組み合わせた、進化した在来工法です。木が呼吸することにより、木材は腐ることなく、家が長持ちするのです。

二つの呼吸で命を守る

人間は気管支呼吸と皮膚呼吸をし、多くの水分を発散して生きています。
家においても同じことが言えます。生活の中から放出された水分をいかに外に放出するかが、家造りの重大な課題なのです。
第一ポイントは、皮膚呼吸をつかさどる壁材に防湿材を採用すること。第二ポイントは、部屋の壁と断熱材の間に気管支呼吸のための通気層を設けること。この2つの呼吸で湿気や化学物質などが室内にこもらない、まさに健康を守る家といえるのです。

省エネ住宅

『通気断熱WB工法』は、自然な換気で夏冬の冷暖房費を大幅に削減。
さらに『通気断熱WB工法』のもう一つの特許技術は、室内空気循環装置「省エネ君ヨドマーズ」です。『通気断熱WB工法』の補完的な装置で、室内の空気を穏やかに対流させて、空気のよどみや床と天井の温度差を解消し、省エネを実現します。「省エネ君ヨドマーズ」は、結露・カビなどを抑える効果はもちろんのこと、一般の対流装置のように風を直接感じさせることもなく、また風音もありません。ちなみに消費電力は弱回転で1日わずか8円程度。クリーンな空気で、快適な温度を保ちます。


家自身が呼吸する仕組みを持った『通気断熱WB工法』は、気温・湿度の調節に大変優れ、悪質科学物質の排出効果もきわめて高く、健康・快適・省エネ住宅を実現した理想の家造りです。

暑い日には、各所の通気口(ヘルス)が自動的に開き、自然な換気をします。床下通気口から入り込んだ外気は、床下部分の冷気 とともに第2通気層を上昇して、家全体に涼しさをもたらします。 寒い日には、各所の通気口(ヘルス)が自動的に閉じ保温性の高い住まいにします。
第2通気層は保湿層となり快適な暖かさを保ちながら、部屋壁や木材とともに呼吸効果を発揮し続け、健康的な環境を維持します。

日本の住宅は、冬の寒さ対策に力を入れた結果、高断熱高気密住宅が生まれました。
密閉し、断熱性能を上げることで熱損失を抑えようとしたのです。確かに密閉することにより、暖かかさを保つことはできるようになりました、しかし、シックハウス症候群という問題を引き起こしてしまいました。
そんな問題を解決してくれる工法が『通気断熱WB工法』ではないかと思ったからです。
世の中にはたくさんの工法があり、まだ私自信も知らないよい工法があるかもしれません。ですから私は、 「『通気断熱WB工法』が一番良い工法だ」とは言いません。しかし私が知りうる中で最もお客さまに満足していただけるものだと思っています。
百聞に一見しかず!是非ワンターベースで体験してみてください。

体験してください

我が社では、ワンダーペースを使った体験説明会を随時開催しております。ここでは、さまざまな『通気断熱WB工法』の理解を一層深めてもらうとともに、高気密住宅との違いを実際に体験していただける体験棟も用意しおります。私どもがていねいに説明させていただきますので、ぜひ一度足をお運びください。


メールでのお問い合わせは24時間受付中